RSS | ATOM | SEARCH
二元論

佐藤康行の真我は「もともと一つ」の世界だけど、真我の追求の仕方には二通りあるような気がしてます。

 

一つは、宇宙から見る方法。

最初から満月しかみない。

最初から実相の満月しかみない。

変わる事のない満月を、ただそのままに「満月だ!」と言い切る事で、満月を引き出す方法。

 

一つは、現象から変えていく方法。

あえて三日月をみる。

現実の三日月を満月に変化させていく、その作業の中で実相の満月を引き出す方法。

 

いまさらだけど、ちょっと混乱していたので敢えて言葉にしてみた(^_^)

もともと満月なのに、どうして三日月を満月にしないといけないのかって納得いかないところがあったから。

 

厳密にいえば両方とも同じことをしているのだろうけど、三日月を善としてもいいし、悪としてもOK。

…悪でもいいっていうのはなんだかほっとするね!

 

 

 

大天才ワーク

本日55。566+55=677。残323。

 

 

author:maki, category:満月の法則, 00:00
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -
Comment